サポート組織


セールスや勧誘のお電話など、仕事依頼以外の電話はご遠慮下さい。

お問い合わせフォーム または FAX(050-3730-9066)でのご連絡とさせて戴きます。

 

お問い合わせ頂いた内容につきまして、各専門家と連携して対応致しますので、ご安心下さい。


 生命保険代理店
■ ファイナンシャルプランナー

ひめじいけだドットコム 代表 池田 弘司
(保険で相続.com 主宰)

ikeda

1971年兵庫県姫路市生まれ。家電修理のエンジニアとして7年間、転身して中小規模インターネットサーバー・ネットワークエンジニアとして13年以上携わる。

自身の経験からライフプランニング・ファイナンシャルプランニングの重要性を痛感する。ライフプランニング・ファイナンシャルプランニングといえば、生命保険会社。外資系生命保険会社に入社するも、自身の想いで活動したいと強く感じ、生命保険代理店を開業。

開業後、FP技能士・生命保険協会認定ライフコンサルタントの取得と、現在目下成長中。ブログを通して保険だけにとらわれない記事を執筆し、バランス感覚のある持論を展開。

2013年12月より、「マネーの達人」に寄稿開始。

2014年1月より、「オールアバウト専門家プロファイル」に寄稿開始。

インターネットサーバーシステムは全て自前で運用する、技術系ファイナンシャルプランナー。ファイナンシャルプランニングと保険とITで、個人と法人をサポートします。

所在地: 〒670-0815 兵庫県姫路市野里大和町5-11

 


 ■ 税理士

長久会計事務所 所長税理士 長久 文彦

choukyu

 姫路市広畑区で、長久会計事務所を主宰。 開業以来、相続・贈与に携わり、取り扱い件数は100件を超える。なぜ今、相続税対策なのか。なぜ争族対策なのか、セミナーを開催。


姫路市広畑区で長久会計事務所を主宰しています税理士の長久文彦です。

私どももかれこれ100件余の相続税の申告をさせていただきました。

その際いつも気になるのが生前贈与の仕方です。

110万円までは贈与税がかからないことを皆さんよくご存じで、子供さんとかお孫さん名義の通帳に110万円を入れることで贈与をしていると考えていらっしゃる方がおられます。

実は、贈与というのは贈与を受けた側がその贈与された財産を自由に使える状況になければなりません。それなのに通帳や印鑑をは贈与をした父母が持っていらっしゃるケースが多く見受けられます。このような場合は、相続税の調査の際には借名口座(預金口座の名義借り)として贈与したことが認められないケースが大半です。

では、どのように贈与をすればよいのでしょうか。

次に贈与の際の要諦を記しますので参考にしていただければ幸いです。

 贈与のポイントは確実に証拠を残すこと

 贈与するときには、必ず次のような証拠を残すようにして下さい。

  1. 父母又は贈与する人の銀行口座から贈与する金額を引き出し、もらう人の銀行口座へ毎年あげたい時に振り込む。
  2. もらう人は自己名義の口座を作っておく。(開設申し込みは必ず本人又は親権者の自署押印によること)
  3. もらった人又はその親権者が通帳、印鑑、証明などを保管する。届出印鑑は必ず贈与者のものとは別にしておく。
  4. 通常贈与を選択している場合で贈与金額が110万円を超える時は、必ず申告をして贈与税を納付する。
  5. できれば、贈与する際には贈与契約書を作成する。また、確実性を高めるためには公証役場で確定日付を取っておけばベスト。

手間のようですが、贈与をしたという証拠を残すことにより贈与の事実を明らかにでき、税務署に要らぬ疑いを待たれずに済みます。

また、贈与したお金が自由に子供や孫が使えるようになれば無駄遣いされては・・・と思われる方は、一案として生命保険の制度を利用してはいかがでしょうか。

例えば、お父さまが子供さんに上記の方法により110万円の贈与し、子供さんがその110万円を原資として、お父様を被保険者、受取人を子供さんとする生命保険契約を生命保険会社と契約する。一度契約した生命保険契約はなかなか解約しづらいもので子供さんの無駄遣いも防げるのではないでしょうか。さらに、お父様がお亡くなりになった時は受け取られた生命保険金をお父様からのプレゼントと感謝されるのではないでしょうか。

ただ、お気を付けいただきたいのは、相続税のことに精通した生命保険の営業の方にお願いしないと、この方法も役に立ちません。

本当に知識があり信頼のおける方にお願いをすることをお勧めします。

所在地: 〒671-1121 兵庫県姫路市広畑区東新町2丁目46

 


 

■ 行政書士

NPO法人スマイルアシスト 久永 和彦 (理事長)
 理事長-久永和彦
公民館での市民講座、講演、企業への出前セミナー等の依頼にも対応いたします。
スマイルアシストは現在、独居高齢者や障害をお持ちの方についてのご相談等を、ご家族や病院、地域包括支援センターの担当者の方からお受けしています家族に扶養を拒否された認知症の人
配偶者が急死した為、お金が何処にあるか分からない人
年金だけで預貯金が無く、病気が心配な人誠実な異業種、他業種との連携が立ち上がりました
互いにサポートしあい、情報を共有する事により
効率とクオリティが向上します
施設の調査、契約から相続手続き、不動産の売却そして葬儀にいたるまで
専門家集団だからこそ高度な事務処理が可能です

だからこそ、元気なうちに考えてください
相続のこと
遺言のこと
成年後見のこと

遺言・相続・成年後見

NPO法人 スマイル アシスト 理事長 久永和彦

〒671-1108 兵庫県姫路市広畑区城山町2-7 城山ビル201号