不動産で相続


前回は、自宅と少ない現金・預貯金が遺産である場合のトラブル事例を紹介しました。

だからといって、不動産は不適といっているわけではありません。

 

子どもが一人だけの場合なら、争族になる可能性も低いためですね。

 家族構成によっては、不動産があることがメリットである場合もあります。

しかし、そこにも落とし穴があるのです。

自宅と土地の評価額・現金・預貯金など資産価値のあるものから計算される

相続税に対して、支払えるだけの現金がなかったら…

 

遺産を守る作戦は2通りあります。

保険を活用する方法と、不動産を活用する方法です。

 

ただし、注意しないといけないことがあります!

相続税分の保険をかけたらいいというわけではありません!

保険を利用するにしろ、不動産を利用するにしろ、綿密な作戦を立てる必要があります。

 

気になるかたは、保険で相続ドットコムまで。