有効な遺言書とは?


父は、自分の財産を子ども達に託そうと、自分で遺言書を書きました。(自筆遺言)

ところが、その遺言は法律上有効にはなりませんでした。

 

なぜでしょう?

遺言書には所定の書式が定められています。

そして、自身の判断だけで作成することによる落とし穴もあります。

 

遺言として書くべき内容や書き方、日付の書き方、

法律上の守られた権利など…

 

まずは、遺言書作成をサポートしてくれる行政書士にお願いしてください。

相続上の問題となる部分が、意外と洗い出されてきます。

 

自筆遺言書は、裁判所での検認をしてもらい、

法律として有効であることを、認めてもらわないといけません。

ここでもトラブルが起きているのです。

 

相続問題を総合的サポートする『保険で相続ドットコム』にご相談下さい。