相続税課税対象者が倍増!?


最近、相続税の対象者の割合が2倍になるという話が時々ありますね。

どういうことかといいますと、

これまでの基礎控除が、5,000万円+1,000万円×相続人数 ということで、

遺族が4人ですと、9,000万円までは遺産総額から控除されますので、課税額を減らすことができます。

来年からは、3,000万円+600万円×相続人数 ということになるため、

同じく遺族4人では5,400万円になるため、課税対象者が増えるというものです。

現在の課税割合は、国の統計によりますと、4.2%の方が課税されたそうです。
https://www.nta.go.jp/kohyo/press/press/2013/sozoku_shinkoku/sozoku_shinkoku.pdf

倍増して8%になっても、100人中8人では課税対象という点ではまだまだ少数派ですよね。

5人が10人になるのと、10人が20人になるのとではインパクトが違い、まだまだ実感できませんね。

 

それでも資産圧縮する方法を使えば、正味の課税割合は下回るかと思います。

効果的な資産圧縮の仕方は、士業連携ならではのアドバイスを致しますので、

お問い合わせください。(現在は播磨周辺のみ対応)

 

それよりも圧倒的に多い問題は、争族問題です。

年々増加傾向にありますので、ご自身に関係ないか一度お考え下さい。

  • 子どもがいない
  • 自宅がある
  • 資産の中心が不動産
  • 親族トラブルがある
  • 事業をしている

その他いろいろ・・・

揉め事が多い割には事前対策していないケースが多いのです。

最善の方法を当店といっしょに考えませんか?