相続税課税対象者が倍増!?


最近、相続税の対象者の割合が2倍になるという話が時々ありますね。

どういうことかといいますと、

これまでの基礎控除が、5,000万円+1,000万円×相続人数 ということで、

遺族が4人ですと、9,000万円までは遺産総額から控除されますので、課税額を減らすことができます。

来年からは、3,000万円+600万円×相続人数 ということになるため、

同じく遺族4人では5,400万円になるため、課税対象者が増えるというものです。

続きを読む→


2つの遺言書


会長のAさんは、自分の万が一の時の事を考えて、公正証書遺言を作成しておりました。

その内容は、長男に経営を譲るというものでした。

 

Aさんが亡くなって、長男が事業承継することになりましたが、

後になって自筆遺言書が出てきたのです。

続きを読む→


経営権の集中


次世代へ事業承継を行うには、周囲には格別の配慮というものが必要なのです。

創業家の場合、社長だけでなく家族・親族も出資しているケースも多く、それぞれが株式を所有しています。

ところが、周囲への配慮を怠ることで、トラブルの種になるのです。

続きを読む→