家・土地が無くなる


よくある事例です。

 

父と母、子ども二人がおりました。

父が無くなった時、父が建てた自宅は、そのまま母が相続しました。

母はよく面倒見てくれる『子どもA』に相続したいと思い、

自筆遺言を書きました。

『子どもAに自宅と土地を相続させる』 というものです。

続きを読む→