何も遺さないほうがいいですか


あるテレビ番組で、相続のことを取り上げられておりました。

遺言に書かれてあることによって、兄弟が不仲になってしまったといったお話でした。

遺産相続するには、正しい知識を持っていないと、トラブルの元にもなりますし、

法律上認められる権利もあるなど、遺す側としては思いもよらない問題が出てくるものなのです。

 

何も遺さないほうがいいのよね

と、ある芸能人がいいました。

でも、本当にそれでいいのでしょうか?

財を成すために、毎回ゼロからスタートするのですか?

少しずつでも、優位な位置からスタートするほうが、成功するまでのスピードが速いのではないでしょうか。

上手な相続をすることが、将来の子孫繁栄につながるのです。

子どもや孫の将来のために、資産の移転を上手に行いたいと願うならば、プロに相談してください。

各士業の知恵をもって、最善の方法で解決していきましょう。